IT機器において、プリンタは場所を取ることがありました。最近のものでは、徐々に容量が小さくなっています。

最新のプリンタ技術から目が離せない!

IT機器におけるプリンタでは容量が小さくなりつつある

最新のプリンタ技術から目が離せない!
機械などのデザインには定番があります。あるメーカーがあるデザインで発売してヒットすると、他社もそれに良く似たデザインにすることがあります。すると、良く似たデザインのものも売れることになります。他社と同じでは嫌だとデザインに凝るとあまり売れず、結局他と同じようにすることがあります。そんな中で、ある会社がデザインを一新した場合、またそちらに追随することになります。時代によって変わってくることがあるのです。

家庭用のプリンタと言いますと、以前は後方に用紙をセットして、それが前方の下部から出力されるのが一般的でした。両面印刷なども出来ませんでした。それがある会社が四角形のオフィス型に近い形を発売しました。こちらには下部に用紙をストックする部分があり、両面印刷も可能にしました。当初はもう一社は従来の形にしていましたが、結局その形に近づいてきました。ただし、それによって大型化が進み、置き場所に困る状態になっていました。

IT機器においては、コンパクトに置きたい要望があります。特に周辺機器についてはです。そういう希望が受け入れられたのか、最近は、機能は維持したままで、コンパクト化が進められています。従来は大人が抱えるぐらいの大きさでしたが、それより一周り、二周り程小さくなっています。持ち運びをするわけではないですが、持ちやすくなっています。置き場所も多様化することができますから、これを機に買い換える人もいるかもしれません。

注目情報